抗精神病薬

抗精神病薬は一定量を超えると治療効果は上がらず、手の震えや体のこわばりといった副作用の危険が高まり、突然死することもある。国内では、抗精神病薬を3剤以上処方している割合が海外に比べて多い。( 読売新聞 2014年3月7日 より)

ロナセン、トレドミン、セディール、インヴェガなど

ロナセン、トレドミン、セディール、インヴェガなどの副作用情報です→向精神薬・副作用情報 12月13日分

薬は適切に扱えば薬となり、不適切に扱えば毒となります。リスクとは毒性があること、と思っていただいてよろしいでしょう。

ラムネ

薬はラムネではありません。本来リスクのあるものです。その認識を持って服用していくことが必須です。

リスク

リスクがあるということを認識されていない方々がかなり多いと思います。

リスク

どんなクスリにもリスクが必ずあります。