劇薬3

毒性の強さの一例です。劇薬指定されている主な向精神薬です3→パリペリドン、アリピプラゾール、ゾニサミド、メチルフェニデート、セルトラリン、オランザピン、タンドスピロン、ハロペリドール、トラゾドン、ミルナシプラン、ノルトリプチリン、スルトプリド、レボメプロマジン

劇薬2

毒性の強さの一例です。劇薬指定されている主な向精神薬です2→モディオダール、ラミクタール、リーマス、リスパダール、リフレックス、リントン、ルーラン、レクサプロ、レスリン、レボトミン、ロナセン

劇薬1

毒性の強さの一例です。劇薬指定されている主な向精神薬です1→アモキサン、インヴェガ、エビリファイ、エクセグラン、クエチアピン、コンサータ、ジェイゾロフト、ジプレキサ、セディール、セレネース、セロクエル、デジレル、トレドミン、ノリトレン、パキシル、バルネチール、パロキセチン、ヒルナミン

認知症の発症率が上がるということがわかってきました

【関連情報】デパスなどを長期間にわたって服用していると認知症の発症率が上がるということがわかってきました→厚労省もついに認めた!この「睡眠薬・安定剤」の濫用にご用心 飲み続けると依存症になって…(現代ビジネス)- Yahoo!ニュース http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170103-00050627-gendaibiz-bus_all&p=1

突然死

毒性の強さの一例です。「突然死」が副作用の一つとして医薬品添付文書にハッキリと書かれている主な向精神薬です→ノバミン、ニューレプチル、レボトミン、ベゲタミン、オーラップ、ヒルナミン、コントミン、ウインタミン、ピーゼットシー、プロピタン、クロルプロマジン、レボメプロマジン、ペルフェナジン、ピモジドなど

犠牲

こんなにも多くの方々の犠牲の上で成り立っている今の精神医療のあり方は、本当にこれでいいのだろうか?

地獄

戦争は最も大きなこの世の地獄です。
2番目に大きな地獄が精神薬地獄です。
一人でも多くの方にこのことを知っていただきたいと切に思います。

「サイト内検索」に向精神薬の薬剤名を入力してみて下さい。詳しい副作用がわかります。

「サイト内検索」に向精神薬の薬剤名を入力してみて下さい。詳しい副作用がわかります。

→サイト内検索 ページへhttp://alphaforum.co.jp/free/search

1.日頃、服用されている向精神薬の薬剤名を入力してみて下さい。
2.詳しい副作用と妊娠時の危険性情報がわかります。
3.副作用等をきちんと把握されることが「精神薬の危険性」をご理解していただくための大切な第一歩となります。
4.精神薬についてのご相談も承っております。
(無料電話相談・初回15分・0279-23-3450・今すぐお電話を・23時まで・水曜定休日・秘密厳守)
→受付電話へhttp://alphaforum.co.jp/reservation

キッカケ

ひどい副作用が出たことがキッカケで、精神薬の危険性について学び始めた人、実際に精神薬の減薬を始め出した人が多いですね。

もっと早く精神薬の危険性を知っておきたかった、という声が少なくありません。