突然死

毒性の強さの一例です。「突然死」が副作用の一つとして医薬品添付文書にハッキリと書かれている主な向精神薬です→コントミン、ノバミン、ニューレプチル、ヒルナミン、オーラップ、ピーゼットシー、プロピタン、レボトミン、ウインタミン、クロルプロマジン、プロクロルペラジン、プロペリシアジン、レボメプロマジン、ピモジド、ペルフェナジン、ピパンペロンなど
コメント