セロトニン症候群1

毒性の強さの一例です。「セロトニン症候群」が副作用の一つとして医薬品添付文書にハッキリと書かれている主な向精神薬です1→デプロメール、パキシル、トリプタノール、トフラニール、デジレル、イミドール、アナフラニール、セディール、トレドミン、リフレックス、レクサプロ、レメロン、サインバルタ、ジェイゾロフト、ルボックス、レスリンなど
コメント